ゆけむりブログ

新しい刺激かむひあ

非干渉的で感傷的な日常

今の勤務先に勤めてからもう少しで3年が経つので、今の状況を省みつつ、簡単にまとめたいと思った。


◇自分の職業のこと
福祉職ですよーとは周りの人には言っているけど、実際はやってることはソーシャルワーカー+介助職という混合業務をやってます。最近はデスクワーク中心で、忙しくて介助には入れないんですが、デスクワーク担当は自分一人しかいないオンリーワン状態なので、こっちを優先してもしかたない状況ではあります。
正直、人にはおすすめできない職種です。


◇今の職場のこと
病院勤務してます。
病院で福祉職と聞いてピンときた方はお察しの通り。メディカルとコメディカルの仲は良くないです。なんなんですかね、これ。マネジメントしている方がいたら是非お話を聞きたいです。

ワンマン完全トップダウン型の経営スタイルをとっていますので、下位スタッフの意思決定の場はほとんどない環境です。
中間管理職が機能していない典型的な職場です。
部下のモチベーションは多分最低レベルだと思ってます。また、スキルアップの機会(OFFJT、ONJT問わず)もほとんどありません。もう何この職場……。


◇人間関係
ドロドロです。休憩時間では常に誰かの悪口大会が開始されます。
仕事ができない→即バッシングです。

よくこんな環境に3年もいたなー……。

対人援助なので、感情労働での疲労ももちろんあります。が、一番の問題はシステムとしてのフォロー環境が整備されていないことと、コーチング技術(新人指導)を習熟してる人材が誰もいないということ。

おかげで、今年は離職者が同じグループ内で数名出ました(同職です)。賢い人ほど早く辞めるとは言ううもののなぁ。

上司が自分の保身しか考えていません。土管管理職とはよく言ったもので、部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任を地で行っています。

不信感しかない職場です。




こう書いてみると、結構辛辣ですね。
もちろん、自分の経験不足、実力の無さ等は実感してます。
はいはいと、言うことしか聞かなかった結果が今の現状なんだよなぁと思うとなんか悔しいですね。



 

まぁでも。



ヤバいと感じた職場は早く見切りをつけた方がいい




やっぱこれですね。





最後に、職場でストレスを抱えている方におすすめな一冊を紹介です。