ゆけログ

新しい刺激かむひあ

2018/09/22の雑記

アウトプット…あうとぷっと……output……oh……




人生迷走しながら何とか生きている今日この頃。
この一年色々あったようで、中身の薄い一年を過ごしてしまった。

まず、仕事に関して軸がブレまくっている。
転勤が嫌だから、仕事を辞めたい。
転職すれば給料が下がるから、副業をしたい。
副業するためにコンサルを受ける。が、現在の仕事が忙しくなり、副業がおぼつかない。

結果

高いコンサル料だけを払ったのに、まったくペイが出来ていない。

もうね、アホかと。自分に呆れる。
んでもってアラサーなのに、結婚とか全然考えてない。相手もいなければ、アプローチもしない。

何が楽しくて人生生きているのかわからなくなる。






f:id:yukemuriblog:20180922221345j:plain



もう食の為に生きてるようなもんだわ**


鳴子温泉郷にある食堂「千両」さんのカツ丼。めっさカツがでかくて食べごたえ抜群。味もオーソドックスで良し。また行きたい。

飽きっぽい俺が、自転車始めてみた。

自分自身ブログの存在忘れてたよ……(´・ω・`)
今回、自転車買ったんで、久々の更新といきませう。

俺の新たな足となれ……!
bontrager FX3 2017

f:id:yukemuriblog:20170717091428j:plain

前々から自転車に興味があったわけでなく、もっと簡易な移動手段がないものかと思っていた。
カメラ趣味(最近は全然撮れてないけど)をしていると

「お、いいスポット見っけ」→「むぐぐ……停車するとこがない」

てなったりすることが多い。
そういう時に自転車があれば良いなぁ…という訳だったのである。

あとは、運動になればいいってのと、通勤ワンチャンあるかってぐらい。
(ほんとはバイク欲しかったんだけど、反対意見が多すぎて辞めた)


今回の購入物まとめ↓

秋田市手形にあるスポーツサイクル専門店SHOWAさんで購入。自転車超ド素人への丁寧な説明ありがとうございました(´;ω;`)


○総費用 83,200円

クロスバイク 63,200円
bontrager FX3 2017
FX3にしたのは、見た目とコスパ……w
bontragerだから選んだということは全く無い(というか何が良いのかもわかんないし)。
街乗り中心になりそうだから、クロスをチョイス。
黒がかっけぇんです、これが。
最近出た2018モデルはディスクブレーキ搭載らしいんだけど、正直Vブレーキがどこまで効くかもわからんし、アップグレードもできるとのことで、必要十分ではないだろうか(多分)。
今後、色々改造してあげるのが楽しみな子である。


前照灯 1,970円
手頃なのを購入。無いと夜間走行時捕まる。


◇キックスタンド 2,200円
bontrager純正。ないと不便ということで購入。


◇ボトルホルダー 1,080円
TOPEAK Modula CageⅡ
ペットボトル・専用ボトル両方に対応。安くて実用的。最高である。
後日もう一個買い足す予定。ケースボトルに修理セットを入れておきたい。


◇グローブ 3,690円
SCOTT Unisex Grove

f:id:yukemuriblog:20170717221415j:plain

f:id:yukemuriblog:20170717221431j:plain

かっけぇ。
グローブを外しやすいように紐ついてるんだけど
強く引っ張り過ぎていきなり破きました
ショック過ぎて死にたい。後で縫うかなぁ。


◇エンドバー 1,840円
TIOOA製

f:id:yukemuriblog:20170717222151j:plain

エンドバーの存在があったからこそ、クロスバイクを買う決意ができたと言っても過言ではない。
ドロップハンドルを使いたくて仕方ない気持ちをコイツが変えてくれた。
実用的でかっこいい。最高である。


◇バーエンドアダプター 1,940円
これないとエンドバーつけれないとのことで購入。


◇ロックチェーン 2,040円
手頃なのを一つ。もう一つあった方が良いんかなぁ。心配するよかあった方が良いかねー。


週末しか乗る機会ないのはあまりにも勿体無いので、たまに通勤でも使いたい。
その場合、疲れが残りづらい週末限定かな。

「この世界の片隅に」見てきた感想

人間は、行き続けなければならないんだなぁ、と

 

この世界の片隅に

 

俺の住んでる地域でも昨日から公開されたので見に行ってきた。

事前の情報ではキネマ旬報読者ランキング1位とか、件の「君の名は」との比較とかで色々話題になっていたが、見ないことには語れないのでね。

 

で、感想。

 

正直、見てよかった。

 

題材に戦争を扱っているから、面白かったというのは不謹慎な気もする。それでも面白かったと言える。

泣くほど、カタルシスを感じたわけじゃないけど、心が常に揺り動かされた感じ。

ああ、生きるって命がけなんだなぁ、と今じゃ意識するのも難しい。そんな感情を、映画を通して、ーもちろんフィクションではあるけどもー"あの頃の生活"を感じることができただけで、この作品を見れて良かった。

 

さて

パンフレットを読んでから、もう少し続きを考えましょうかね。

アイテムレビュー【1】

Markdown方式初挑戦なり。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

キンドルデビューして、早2ヶ月。 電子書籍どんなもんじゃいと思っていたけど、これがまぁ使いやすい。

読書家ではないけど月並みに本は読む自分としては、こんな点が良かったと思った点をまとめてみたり。

①携帯性 →一番に良いなと思ったのがこれ。リュックに数冊の本を入れて移動することが多かったこともあり、その重さから開放されたのは大きい。

②見やすさ →暗いとこでも本が読めるよ!E-インクによる視認性の高さはすごいなぁと一言。

③書籍購入のし易さ →ワンクリック購入。これが非常に楽。ライブラリに積み本が次々と増えていくけど、読書経過がひと目でわかるから消化しやすい……かも。

④辞書機能 →知らない単語を一発検索。正直感動した機能の一つ。でもwiki先生はwifi環境下じゃないと仕事してくれない。

読書生活が捗る一品。コミックは紙媒体。小説はキンドルの使い分けが個人的に最強。 いい買い物ができたかな。

雑記【1】

チラ裏雑記を書きたい。

前回の日記のサモンナイトですが、未クリアのまま売ってしまった。

ストーリーをクリアする前にレベル99キャラを作ってしまったが故、飽きが来るのが早かった。
懐かしいキャラクター面々のクロスオーバーを見るのはまぁまぁ楽しめたんですけど。
可愛いハサハの姿を見るだけで満足してしまったってのもあります。

サモンナイトはまぁ良い方で。
最近はゲームをしてもクリアしないまま放置することが多くなってしまっています。

なんか、年取るごとに飽きが早く来るような感じがしてならないんですよね。
プラモも途中で投げてるし、小説も積みが増えてきた。
作るとか、読むとかより、「買って」満足してしてるのも原因の一つなのかなぁと。

プラモも一つ作るのにかなり時間をかけてしまうのが辛い。

なんでこんなに飽きやすくなってしまったのかなぁ

サモンナイト6プレイしてみて

【PS4】サモンナイト6 失われた境界たち【初回封入特典】序盤の戦いを有利に! 召喚獣“オヤカタ

【PS4】サモンナイト6 失われた境界たち【初回封入特典】序盤の戦いを有利に! 召喚獣“オヤカタ"が入手できるプロダクトコード!


平均一月に一回更新。
敢えて言うなら、怠慢。

もう2016も四分の一が過ぎようとしている今日この頃。1月末に衝動買いしたPS4で、サモンナイト6を楽しんでます。

いやぁー懐かしい。シリーズは2、3、4プレイ済みなんですけど、ナンバリングタイトルを全部プレイしてなくても十分楽しめる作品ですよ奥さん。
個人的には時間を忘れるほど楽しんでます。

セルフクロスオーバーという最近みない設定で、新旧乱れるキャラクター達の掛け合いを見てるだけでニヤニヤ止まらない………!

ハサハが可愛すぎて、これだけで買う価値があった。
現在中盤。もうしばらくは引きこもれそうです。

2回目の東京出張の話

ひっさびさに東京に行ってきたので、その備忘録をば。

今回、職場の研修ってことで、うちの職場の東京本部へ行くわけなんですが、まぁ一日位に遊んでもいいかなと……。

といっても、特段行きたい場所があるわけでもなく、新宿付近をぶらぶらできればいいかと思い、ネットで良いところがないか探してみたところ



f:id:yukemuriblog:20151214230259j:image

に辿り着きました( ・ワ・)

珍しい物がありそうだ……!という気持ちだけで行ったわけなんですが


f:id:yukemuriblog:20151214230540j:image


f:id:yukemuriblog:20151214230629j:image


f:id:yukemuriblog:20151214230643j:image


f:id:yukemuriblog:20151214230850j:image


良く分からんマニアックさ。

店舗の半分以上をま○だらけが占めていたんじゃないか……そんな圧倒的物量でした。

いやぁすごい世界だった。もう行くことはないだろうけど……。



f:id:yukemuriblog:20151214230951j:image


f:id:yukemuriblog:20151214231001j:image


f:id:yukemuriblog:20151214231010j:image

あとは宿まで適当に時間潰し。

渋谷の喫茶店に所見凸し、糖分を摂取。疲れた身体に染み入ります。


f:id:yukemuriblog:20151214231446j:image

遠出した時は本や文房具を購入することが多いです。
来年の手帳を探していたんですが、伊東屋オリジナルブランド『ColorChart』を見つけ手にとったところ、ハードカバーの手触りと、書きやすそうなホリゾンタルタイプだったことから即購入。
右上のは……経済について学べそうだから買った。特に他意はない。うん。

いやぁ、東京は本&文具も充実してて良いですなー( ・ワ・)